スポンサーリンク

フーディ と フーディニ パーカーの違い

山/登山(Mountains/Climbing)

山用フーディを買いに、Patagoniaへ。
フーディみたいんですけど、、、、と店員さんに伝えると、
あ、フーディニですね。こちらです、どうぞ、、、と。

ん?フーディニだったのか。ということがありました。

フーディと、フーディニにって何が違うんでしょうか。

調べてみました。

調べると、パーカーとフーディの違いという項目は多く見受けられます。
そもそも、フーディニ という名称は パナゴニアでしか見ないような気もします。

一般用語としての語源、意味は
パーカー (Parka) の語源はイヌイット語で、アザラシやトナカイなどの毛皮で作ったフード付きの防寒着。
フーディ (Hoodie or Hoody) は、フード付きのスウェットを指し、正式には Hooded Sweatshirt (フーデッドスウェットシャツ)
とのこと。

欧米では、
パーカーというと、
パーカーがフード付きのアウター (防寒着) で、現在では、ダウンなどやや厚めの冬用アウターを指すようです。
フーディはフード付きのスウェットシャツのことで、
どちらかというと、日本でいうパーカーは、欧米ではフーディと呼ばれる部類に入り、
フード付きの、、、、という部分が切り取られ、スウェットについてもパーカーと呼ぶようになったみたいです。

フーディニ(Hoodini)は、
Patagoniaの商品名、フーディニ・ジャケットなどに使われるようですが、
https://www.patagonia.jp/product/ms-houdini-jkt/24142.html?dwvar_24142_color=INDG
意味は、一般名称のフーディと全く同じものになります。

アパレル用語は、
時代とともに変遷します。

パーカーとフーディは、2000年代になって、正しい意味の英語表現が、一部のアパレルブランドで使われるようになり、
日本で、以前から使われていたパーカーという名称と区別されながら、市民権を得てきたということでしょう。

ジーパンが、ジーンズになり、デニムになり、、、、
ジャンバー、ジャンパー、コートが、いつの間にかアウターと呼ばれ、、、

アパレル業界のマーケティング戦略による、目新しさを出すための呼称変更ですね。

いつの時代も、どんどん新しい名称が生まれ、また、消えていきますね!

ちょっと、気になったので調べてみました。
同じことが気になった方の参考になればうれしいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました